MENU
blog

魅力いっぱい!吹き抜けのメリットとデメリット|失敗しない家づくり

author:
  • 杉野祐弥
category:
  • 失敗しない家づくり
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!匠工房です。吹き抜けって明るくて開放的でとっても素敵ですよね。今回はそんな吹き抜けの魅力や取り入れるデメリットについてお話しします。

1. 吹き抜けとは?

吹き抜けとは、階下の天井や上階の床を設けていない空間のことをいいます。玄関やリビングに採用されることが多く、一定の人気がある間取りです。それでは、吹き抜けのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

2. 吹き抜けのメリット

吹き抜けは天井が抜けているため、非常に開放感があります。視界を狭める天井がないのでお部屋を広く感じることもできます。

 

また、吹き抜け部分に窓をつければ日差しが差し込み、明るい空間になります。例えば、狭小地や北向きのお家などは1Fに日が入りにくいため吹き抜けを採用するケースが多いです。上から光を取り入れることによって日中電気が必要ないほど明るくなります。

 

さらに、天井がないことで風が通り抜けやすくなり換気がしやすくなります。階下と上階のつながりが強くなるのでお家のどこにいても家族の気配が感じられます。例えばLDKを吹き抜けにしてリビング階段にすれば階段を使いたいときは必ずLDKを通ることになるので、家族同士のコミュニケーションにつながりやすくなります。

3. 吹き抜けのデメリット

吹き抜けのデメリットは吹き抜け部分の床面積が狭くなるため、2Fの部屋の大きさを希望通りにできない可能性があることです。収納スペースがあまり取れなかったりトイレを設置するスペースが足りないかもしれません。もし希望通りの間取りにしたい場合は、お家全体の大きさを大きくし建物価格を上げる必要があります。

 

また、吹き抜けでは天井がないため音が通りやすく空調が逃げやすいことも挙げられます。空調に関してはお家全体の断熱性能を上げシーリングファンを設置して空気を循環させることによって改善されることができますが、吹き抜けではないお家と比べると劣ると感じる方もいらっしゃると思います。

 

吹き抜け部分の窓はお掃除も大変です。専用の掃除道具を用いる必要があります。また、クロス交換をしたいときは室内に足場を建てなければならないため、通常のクロスリフォームより高くなってしまうことにも注意しましょう。

5. まとめ

・吹き抜けは日差しがたくさん入るため、明るい空間にしたいお部屋に効果的です。開放感もありオシャレに仕上がります。

 

・音漏れや掃除のしにくさなどのデメリットもあるため、採用したい場合はしっかりと検討しましょう。

PROFILE

この記事を書いたスタッフ