MENU
blog

高気密・高断熱のするべき3つの理由|失敗しない家づくり

author:
  • 小原大典
category:
  • 失敗しない家づくり
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!匠工房です。今回は快適な生活を送るために必要な断熱と気密のお話をさせていただきます。

1. 気密・断熱とは

1-1.気密とは

気密とは、隙間をなくし空気などの流れを遮断することをいいます。空気の流れをなくすことで断熱材の効果が高まり、家の中を快適な室温に保つことができます。

 

 

1-2.断熱とは

断熱とは、室内と室外の熱移動を止め、室内を快適な温度に保つことをいいます。断熱が機能しなければ、夏は暑く冬は寒い家になってしまいます。

2. 高気密・高断熱にすべき理由

2-1.結露の抑制

高気密・高断熱にすることで、室内は外気の温度の影響を受けにくくなります。結露は温度差が激しいところで起こりやすいため、室内外の温度差を小さくすることでこれを防ぐことができます。

結露はカビの発生や健康被害の原因となるため、結露を抑えることは家族の健康を守ることにもつながります。

 

 

2-2.ヒートショックの抑制

特に寒い冬に起こりやすいヒートショック。ヒートショックとは、急な温度変化によって血圧の急上昇や急降下が起こることをいい、最悪の場合は死に至ります。

 

例えば、あたたかなリビングから寒い廊下や脱衣所を移動し、さらに寒いお風呂から熱い湯舟に浸かった場合などに起こりやすくなります。大事なのは、廊下や脱衣所、お風呂をあたたかな空間にして、家中の温度差をなくすことなのです。

 

高気密・高断熱にすることで、家中の温度差を小さくすることができます。これが、ヒートショック発生の抑制につながるのです。

 

 

2-3.省エネ

高気密・高断熱の家にすることで室内の快適な室温を保つことができます。そのため、エアコンのフル稼働を抑えることができ、省エネにつながります。夏は涼しく冬はあたたかい、快適なお家を実現することができます。

3. 高気密・高断熱の注意点

高気密・高断熱を実現するには、高グレード断熱材などを使用することになるためどうしてもコストが高くなってしまいます。

 

 

また、高気密であるということは空気が室内にたまりやすいということです。24時間換気や定期的な換気を行なわないと、ハウスダストなどの健康被害の原因となる物質も家の中に留まり続けてしまいます。24時間換気は設置が義務付けられていますが、常時ONにしておくよう注意が必要です。

4. まとめ

・高気密・高断熱の家は快適な家での暮らしを実現できます。

 

・コストや換気などのデメリットもありますが、永く住む家のことをしっかりと考えて是非採用していただきたいです。

 

 

PROFILE

この記事を書いたスタッフ