MENU
blog

耐震基準と耐震等級の違いとは?|マイホームの基礎知識

author:
  • 佐橋雄一
category:
  • マイホーム基礎知識

こんにちは、匠工房です。今回は耐震についてお話しします。地震大国の日本では、日々小さな地震、時には大災害となる大きな地震に見舞われます。地震に備える家づくりを重視されている方も多いのではないでしょうか?家づくりにおいて良く耳にする「耐震基準」と「耐震等級」について、解説していきます。

1. 地震に備える家づくりの大切さ

日本は昔から地震による大きな被害を被ってきました。阪神淡路大震災や東日本大震災では約12万戸の住宅が全壊しています。半壊や一部損を含めるとさらに膨大な数の住宅が被害に遭っています。世界的にも多くの地震が発生する日本だからこそ、地震に備えた家づくりは大切です。

2. 耐震基準と耐震等級の違い

2-1.耐震基準とは

建築基準法や建築基準法施行令で定められている耐震性能の基準のことを耐震基準といいます。耐震基準を満たしていないお家は、そもそも建てることを禁じられています。そしてこの耐震基準は、歴史上で起こる大きな震災を経験するごとに改定され、より厳しい耐震基準にアップデートされています。

 

1971年、十勝沖地震をきっかけにRC造の構造基準が強化される改正が行なわれました。次に1981年には宮崎県沖地震をきっかけに大幅に耐震基準が改正されました。この改正時の耐震基準を「新耐震基準」と呼び、それまでの耐震基準は「旧耐震基準」と呼ばれるようになりました。新耐震基準では「震度5強程度の中規模地震では軽微な損傷、震度6強から7に達する程度の大規模地震でも倒壊は免れる」レベルの耐震性が求められます。新耐震基準に基づいて建築された住宅は、阪神淡路大震災の被害が少なかったと言われています。そして2000年には、木造の耐震基準が強化されました。

 

こうして、大震災を経験するごとに、より地震に耐えられるような耐震基準へと改正されているのです。

 

2-2.耐震等級とは

耐震等級は、住宅の品質確保の促進等に関する法律によって定められた耐震性能の指標のことをいいます。耐震基準と異なるのは、耐震基準はクリアしなければならない義務ですが耐震等級はあくまで指標なので、守らなければならないというものではないという点です。

 

耐震等級は住宅を守ることに加え、人命確保の観点から定められている指標なので建物が倒壊しないだけでなく、人の命を守ったり逃げる時間を稼いだりできるほどの耐久性が求められます。

 

耐震等級は3つのレベルに分かれています。【耐震等級1】は建築基準法で定められている耐震等級と同じ内容です。建築確認を通過している建物は建築基準をクリアしていることになるので、すべて耐震等級1相当の建物であるといえます。耐震等級1は、震度5では損傷がほとんどなく、6強から7の地震でもすぐに倒壊することがないレベルです。

 

【耐震等級2】は耐震等級1の1.25倍の耐震強度が認められる建物に認定されます。長期優良住宅の認定は、耐震等級2以上が必要になります。災害時の避難場所として指定される学校や病院などは、耐震等級2以上の基準クリアが求められます。震度6強から7の地震でもある程度の補修で住むことができます。

 

【耐震等級3】は、耐震等級1の1.5倍の耐震強度が認められる建物に認定されます。警察署や消防署が耐震等級3の強度で建設されることが多いです。災害時の救護活動や災害復興の拠点となることから、最も高い強度が求められるからです。震度6強から7の地震でも軽い補修で住むことができます。

3. 耐震等級は受けるべき?

耐震等級は申請をした上で取得することができます。わざわざ耐震等級を取得することのメリットはあるのでしょうか?

 

3-1.耐震等級を受けるメリット

 

耐震等級を取得することによって、地震保険の掛け金が割引されるメリットがあります。地震保険とは、火災保険のオプションの位置にある保険です。地震による火災等の被害は、火災保険が下りないため、地震保険に加入する方が増えています。耐震等級を取得することによって、割引が適用されるため保険料が安く済みます。

 

また、耐震等級を取得すれば民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して扱う全期間固定金利住宅ローン【フラット35】で、一定の要件を満たせば優遇された金利で住宅ローンを組むことができます。

 

加えて、設けられた指標の認定を受けたという安心感があるのもメリットです。必要最低限の耐震基準をクリアした家が100点だとすると、耐震等級2や3を取得した住宅は100点以上の建物だという安心につながります。

 

3-2.耐震等級を受けるデメリット

耐震等級の取得には費用がかかります。耐震等級が上がるにつれて金額が上がり、耐震等級3の場合は20~30万ほどかかります。また、耐震等級3の建物は耐震性能を高めるための設計をしなければならないので、間取りの制限があり自由度が落ちてしまう可能性があります。

4. まとめ

・耐震基準は必ず守らなければならない基準で、クリアしなければ建築確認を通すことができず建物を建てることもできません。

 

・耐震等級は+αの指標となるもので、より耐震に対して安心感を得たい方に向いています。

PROFILE

この記事を書いたスタッフ