Skip to main content
All Posts By

企画室匠工房

収納充実な家で、美しく・ストレスフリーな暮らしを!注文住宅を建てる際の収納アイデアをご紹介

By 家づくりコラム No Comments
スタッフブログ

収納充実な家で、美しく・ストレスフリーな暮らしを!注文住宅を建てる際の収納アイデアをご紹介

こんにちは!滋賀県全域で注文住宅・リフォーム・不動産事業を展開している匠工房です。

本日のテーマは、「収納充実な家」です。

 

新しい住まいを建てる際、収納スペースの計画は快適な生活の鍵となり、忘れてはならない重要なポイントです。しっかりとした収納を備えることで、快適な生活が送れることでしょう。この記事では、注文住宅を建てる際に、効果的かつスタイリッシュな収納を実現するためのアイデアをご紹介いたします。機能的で美しい空間づくりを目指し、収納のポイントを押さえましょう。

収納の基本

収納充実な家を建てるには、収納スペースの計画が不可欠です。そこでます、収納の基本をおさらいしていきましょう。収納の基本は、整理・効率・アクセスの容易性に焦点を当て、使い勝手の良い空間を確保することです。以下は、収納の基本的な原則についてのいくつかのポイントです。

整理と選別

収納スペースを最大限に有効活用するためには、不要なものを取り除き、必要なアイテムだけを保持することが重要です。季節ごとの整理や使わないものの断捨離を行い、スペースを有効に利用しましょう。

カテゴリ別に整理

似たようなアイテムを同じ場所にまとめ、カテゴリごとに整理することで、必要なものをすぐに見つけやすくなります。例えば、書類、衣類、キッチングッズなどを別々の場所に整理しましょう。

収納ボックスや仕切りの活用

収納ボックスや引き出しによって、小さなアイテムや散らばりがちなものを整理しやすくします。さらに、透明な収納ボックスを選ぶことで、中身が一目で分かりやすくなります。

アクセスのしやすさ

よく使うアイテムはアクセスしやすい場所に収納し、使いにくい場所にはあまり使わないものや季節限定のアイテムを収納します。頻繁に使うものは手の届く範囲に配置しましょう。

高さを活かす

収納スペースの高さを有効に利用することで、床面積を効果的に拡大できます。上段や高い位置には、季節ごとのアイテムや使い頻度の低いものを収納すると良いです。

定期的なメンテナンス

収納スペースが整理された状態を維持するためには、定期的なメンテナンスが必要です。物の配置や使用頻度に変化があった場合は、柔軟に収納を調整していくことが大切です。

収納スペースの計画を立てる前に気をつけるべきこと

ライフスタイルの把握

住まい手や家族のライフスタイルを十分に理解することが重要です。趣味や特有のアクティビティ、家族構成による必要なスペースなどを考慮し、収納の要件を把握しておくと、より効果的な収納プランを立てることができます。

将来の変化の予測

家族構成や生活環境は変化する可能性があるため、将来の変更や拡張を見越して収納スペースを計画することが重要です。余裕をもってスペースを確保し、柔軟な収納システムを導入すると良いでしょう。

各部屋ごとの用途を考慮

各部屋において、その用途に合わせた収納スペースを計画することが大切です。例えば、リビングでは家庭用具や娯楽グッズ、寝室では衣類や寝具などを考慮し、適切な収納を設けましょう。

動線とアクセスの確保

収納スペースは、使いやすく、アクセスしやすい位置に配置することが大切です。頻繁に使うものや季節ごとのアイテムは、手の届く位置に配置し、動線をスムーズにするように心がけましょう。

収納の種類を検討

クローゼット、引き出し、棚、収納ボックスなど、様々な収納の形態があります。家具や建具の選定段階で、どのような収納方法を採用するか検討し、機能的で美しく調和したデザインになるように計画してください。

建築予算の考慮

収納スペースを充実させることは重要ですが、建築予算を考慮して計画を進めることも重要です。無理なく予算内で、使いやすく機能的な収納を実現できるように調整しましょう。

間取り別収納アイデア<玄関ホール>

シューズラックやシューキャビネット

玄関は靴を収納する必要があります。シューズラックやシューキャビネットを導入することで、靴を整理しやすくなります。靴のサイズや用途に合わせて、適切な収納家具を選びましょう。

シューズインクローゼット

広さに余裕があれば、シューズインクローゼットをお勧めします。シューズの収納はもちろんのこと、コートをかけるためのハンガーパイプや帽子などを収納するための棚を取り付ければ、外出時の手間も省けます。

取り外し可能な収納ボックス

玄関には、小物やアクセサリー、傘などが散らかりがちです。取り外し可能な収納ボックスやかごを使用することで、これらのアイテムを整理し、すっきりとした印象を保つことができます。

ミラー付きコンソールテーブル

玄関にはミラーが付いたコンソールテーブルを置くことで、外出前の最終チェックがしやすくなります。テーブルの下には引き出しや棚を備え、小物や手荷物を収納できます。

ウォールフックやハンガー

コートや帽子、鍵などをかけるためのウォールフックやハンガーを取り付けることで、使いやすいアクセスポイントを作り出します。スペースを有効に利用しつつ、衣類を整理しましょう。

収納ベンチ

玄関には収納ベンチを設置することで、履物を脱いだり、小物をしまったりできる便利なスペースができます。ベンチの中には収納スペースを確保し、季節ごとのアイテムをしまっておくことができます。

間取り別収納アイデア<キッチン>

引き出し付きのキャビネット

引き出しは奥行きが広いため、鍋やフライパン、保存容器など大きなアイテムをスッキリと収納できます。引き出しの中に仕切りを付けて、小物の整理もしやすくしましょう。

吊り戸棚の活用

吊り戸棚には軽くて頻繁に使うアイテムを収納しましょう。ワイングラスやお気に入りの食器など、見せる収納にも適しています。引き出しよりもアクセスがしやすいです。

調理道具のマグネットボード

マグネットボードを取り付けて、調理道具や調理中によく使うアイテムを簡単に取り出せるようにしましょう。これにより、引き出しの中が混雑しづらくなります。

パントリーの設置

広々としたスペースで食材や保存容器を整理し、料理の効率を向上させます。引き出しや棚には、調味料や缶詰、乾物などをカテゴリ別に収納できるようにします。賞味期限切れのチェックもしやすくなります。